読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小池百合子氏「私は自民ではなく都連の一部と戦っている」

都知事選

f:id:yamatonadeshiko-style:20160729154215j:plain

ネットでも都知事選の関心が高い中、選挙戦も残り2日となりました。自民党の支援を得られず、女性ひとりで孤軍奮闘している小池百合子氏。小池氏は「自民党ではなく都連の一部と戦っている」と見解を表明しました。


【青山繁晴】自民党はなぜ都知事選で誤り続けるのか? 2016年7月28日

“都議会のドン”が役員の会社 五輪施設を逆転受注

“都議会のドン”といわれる内田茂自民党東京都連幹事長(77)が役員を務める会社が、複数の東京オリンピックの施設工事を受注していたことがわかった。

内田氏は、落選中だった2010年から地元・千代田区に本社を置く東光電気工事監査役に就任。内田氏の所得等報告書、関連会社等報告書を総合すると毎年数百万円の役員報酬を受けているとみられる。

 

東光電気工事は、大手建設会社とジョイントベンチャー(JV)を組み、今年1月、バレーボール会場の「有明アリーナ」(落札額360億2880万円)、水泳の「オリンピックアクアテクスセンター」(469億8000万円)の施設工事を落札。東京オリンピックに向けては3つの恒久施設が新築されるが、このうち2件を東光電気工事のJVが受注したことになる。

特に、有明アリーナの競争入札では、東光電気工事のJVの入札価格がライバルのJVより高く、価格点で下回ったが、施工計画などの技術点で上回り、落札に成功した。専門紙の建設通信新聞も<逆転落札>(1月18日付)と報じたほどの逆転劇だった。

 

東光電気工事は、五輪施設だけではなく、豊洲新市場の関連工事など、都発注の工事もたびたび受注。売上高は、内田氏が復活当選する2013年までは700億円前後だったが、2014年には約1000億円へと急成長している。

日本大学の岩井奉信教授はこう指摘する。

「内田氏は都の予算に大きな影響力を持つ人物。条例等で禁止されていないとはいえ、五輪関連工事を受注するような企業の監査役を務めていること自体、望ましい話ではありません」

 

週刊文春」の取材に、東光電気工事は「個別の営業について相談したことはございません。従って、ご質問の事業についても内田茂氏が関係した事実は全くございません。なお、役員の個別の報酬額は公表しておりません」、内田事務所も「口利きのような事実はありません」と回答した。

東京オリンピック施設を巡っては、整備費の高騰が問題となっており、新知事と都議会の対応が注目される。

shukan.bunshun.jp

週刊文春」が報じた、都連の内田氏の利権疑惑です。都知事選告示前、猪瀬元都知事は都連の闇を告発。小池候補にエールを送りました。

小池氏「旧い自民を破壊」都連のドンに噛みつく 

 東京都知事選(31日投開票)に立候補している小池百合子氏(64)は28日、対立する自民党東京都連の「ドン」に、死に追いやられたとする元自民都議、樺山卓司氏(享年61)の妻京子さん(66)と街頭演説した。樺山氏は、「旧(ふる)い自民党の破壊」を遺書に記しており、京子さんは「主人の無念を晴らしてほしい。変えるのはまさに今だと思う」と訴えた。投開票日まで、いよいよ3日。各候補たちは、最終盤のお願いに声をからした。

 

選挙戦最終盤、小池氏陣営が「隠し玉」を繰り出した。小池氏が都議会の「ドン」と指摘し、議会運営を批判してきた内田茂・東京都連幹事長(77)。その内田氏に対する怨念をつづった遺書を残し、11年7月に自殺した樺山元都議の京子夫人が、地元の葛飾区で小池氏の応援に立った。

 

夫人は「内田さんは、自分の思い通りに都政を動かし、樺山は民主主義ではないと盾突いた。(内田氏に)盾突くのは、自分が最初で最後とも言っていた」と主張。樺山氏の死後も、都政の状況は変わらないとして「遺書には、旧い体質の自民党を破壊してほしいと書いてあった、まさに今だと思う。小池さんに、新しい風を吹き込んでほしい。主人も空から言っていると思う」と、述べた。

夫人が公の場で、内田氏への思いを話すのは初めて。終了後、「私利私欲ではない、(小池氏が主張する)都民のための都政は、主人の願いだった。小池さんに主人の無念を晴らしてほしい」と話した。

 

樺山氏も小池氏も日本新党出身。同党躍進のきっかけになった、93年の都議選で初当選したのが樺山氏。参院議員だった小池氏は同年、衆院に鞍替え。2人は都政と国政で、細川連立政権を支えた。小池氏は「樺山さんは都政を都民に近づけようとしながら、無念の死を選ばれた。都民の、都民による、都民のための都政を取り戻すことが、樺山さんの思いに応える唯一の手段だ」と強調。樺山氏の遺志と「共闘」した、都政の透明化に意欲を示した。

 

自民党関係者によると、内田氏は、自身は樺山氏の死と関係ないという趣旨のことを話しているという。伝え聞いた夫人は「良心がある人なら心当たりはあるはず。主人は死をもって抗議したと思う」と述べた。

樺山氏の死をめぐっては、猪瀬直樹元知事も内田氏の関与の可能性に言及している。【中山知子】

www.nikkansports.com

この記事に関しては、こちらもご覧下さい。 

yamatonadeshiko-style.hatenablog.com

小池氏は、日刊ゲンダイのインタビューにこう答えています。

「 私は自民党と戦っているわけじゃなく、都連の一部と戦っているんです。ひょっとしたら、(相手は)ひとりです。」

そのひとりとは、増田候補を担いだ都連の内田茂です。

 

 
舞子
都知事選の投票日まで僅かやなぁ。それにしても、自民党の分裂は痛いで。小池氏は女性一人でよう戦っとる思うわ。うち、応援したいんや。なぁ、ゆづ?
 
ゆづる
ううん。小池氏の奮闘にはエールを送りたいよね。それにしても、東京都連の体質はまるで「北朝鮮」だな。ドン・内田の独裁と言ってもいい。自殺に追い込まれた方もいるというから、驚きだ。是非、この弔い合戦に勝利して欲しいよね。舞子ちゃん(笑)。