読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終戦記念日の靖国神社参拝は日本人の責務

f:id:yamatonadeshiko-style:20160815151535j:plain

8月15日の終戦の日を迎え、毎年首相と閣僚の靖国神社参拝が問題視されています。国のために命を捧げた英霊方への哀悼の意を表すのに、何のためらいも必要ない筈。しかし、中韓反日勢力は靖国神社参拝に反対のようです。

www.youtube.com

【ソウル=富士本欣也】韓国外務省は15日、安倍晋三首相が靖国神社玉串料を奉納し、超党派議員連盟が集団参拝したことに対し、「深い憂慮と遺憾の意」を表明した。同日発表した報道官の論評で「日本の政治家たちは勇気をもって歴史を直視し、歴史問題に対する謙虚な省察と反省を行動で示すことで周辺国の信頼を得るべきだ」などと要求した。

www.sankei.com

靖国神社参拝問題については、こちらもご覧下さい。

yamatonadeshiko-style.hatenablog.com

 米国務省から圧力が掛かった靖国参拝

 【ワシントン=大木聖馬】米国務省のトナー副報道官は3日の記者会見で、第3次安倍再改造内閣が同日、発足したことについて、「日本政府との緊密な協力関係を深めていきたい」と期待感を示した。

ただ、稲田防衛相が8月15日の終戦記念日靖国神社を参拝するかどうかについて明言を避けていることを巡り、「癒やしと和解を進める方法で歴史の問題に取り組むことが重要だ。それが靖国神社に関する我々の立場だ」と述べ、自制を促した。

www.yomiuri.co.jp

 国連憲章で定められている「内政不干渉の原則」

日本の総理大臣や政府要人が靖国神社を参拝することに対して、近隣諸国が批判の声を上げています。国家は、国内管轄事項について自由に処理できる権利を持ち、他国はその事項に干渉してはなりません。これを国際法上、「内政不干渉の原則」といい、国連憲章2条7項においても「この憲章のいかなる規定も、本質上いずれかの国の国内管轄権内にある事項に干渉する権限を国際連合に与えるものではなく、また、その事項をこの憲章に基づく解決に付託することを加盟国に要求するものではない」と定められています。

news.livedoor.com

毎年のように問題になる「靖国神社参拝」ですが、尖閣諸島沖の中国の侵入や、竹島への韓国議員の上陸など、蛮行を繰り返す中国・韓国。

もはや、8月15日に首相と閣僚が参拝しようがしまいが、関係ないのではないでしょうか?今年の参拝見送りには、米国の圧力が。

日本が本当の意味で自主独立国にのは、いつのことでしょう。

 

 
舞子
今日は終戦の日やなぁ。お国のために命を捧げた英霊方をお参りするのが、何でいかんのやろう?ゆづ、どう思いはる?
 
ゆづる
そうだね、舞子ちゃん。英霊方のお蔭で、日本の今日の繁栄がある。だから、首相及び閣僚が8月15日に参拝するのが筋だと思う。多分、尖閣問題で米国と取引があったんだろうね。国際関係は単純には割り切れないからさ。でもね、やはり中韓の機嫌取りや、米国への追随はいい加減止めて欲しい、というのが国民の気持ちだよ。いずれは天皇陛下にも参拝して頂き、哀悼の意を表したいものさ。