読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元TBSアナウンサー・鈴木史郎氏が語る「南京大虐殺なんて聞いた事がない!」

f:id:yamatonadeshiko-style:20160814172450j:plain

マスコミが偏向報道を繰り返している事実は、ネットの普及で知れ渡っています。テレビ局の中でも、とりわけ酷いのがTBS。「サンデーモーニング」の偏向ぶりは有名ですが、今朝の放送でも必死に尖閣諸島問題を擁護。元TBSアナウンサー・鈴木史郎氏が、南京事件の真実を語ります。


【右向け右】第79回 - 鈴木史朗・アナウンサー × 花田紀凱(プレビュー版)

南京大虐殺」は真実ではない

TBSのバラエティ番組『からくりテレビ』の名物コーナーで、私が司会を務めていた「ご長寿早押しクイズ」。毎週数名のご長寿の方にご登場いただき、クイズに答えていただく人気コーナーでしたが、今から十一、二年前、南京戦に参加されていたという会津若松の方にお会いしたことがありました。

撮影の合間に南京の話になり、私が「あそこは大変なことがあったから、もう南京には行けませんね」と声をかけると、その方が「いや、私は死ぬまでにもう一度南京へ行きたいんであります」とおっしゃった。私は驚いて、「どうしてですか」と聞いたところ、こんな話をして下さいました。

「衛生兵として南京で日本兵を助けたが、怪我をした中国の敗残兵も助けた。軍のトラックで送ってやったら中国人の家族が非常に感謝して、家宝の掛け軸をくれたんです。

さらに『戦争が終わったら、ぜひもう一度南京へ来てほしい。歓待したい。一日千秋(いちじつせんしゅう)の思いで待っている』とまで言われたんです。だから、私は死ぬまでにもう一度南京に行きたい」

このことでハッと思い出したのは、私自身が幼いころ、南京戦直後に中国にわたり、天津で過ごした日々のことでした。それは、「大虐殺」があったなどとは到底考えられないほど、大変のどかな日々だったのです。

 

この方にはその後、もう一度お会いする機会があったので、「南京大虐殺」の証拠写真とされている、松葉杖をついた片足の中国兵と、笑顔の日本兵が並んで移っている写真を持って行ったんです。キャプションには、「残虐な日本兵によって、逃げられないように片足を斬り落とされた中国兵」と書かれていました。

ところが、この写真を見せたところ、南京戦に参加されたその方がとても喜んだんです。

「この兵隊のことは良く覚えていますよ。アルマイトがなかったので、ヤカンをつぶして義足を作ってやったんです。いやー、よかった。この写真、いただいてもいいですか」

他にも、実際に参戦された方々からさまざまなエピソードやをお話しいただきました。

「たしかに、南京戦で相手の兵士を殺した。だが、それはあくまでも中国の兵士であって、日本兵も戦死しています」

「トーチカから撃ってくる兵士を仕留めて近づくと、機関銃手はまだあどけない顔の若者で、鎖でつながれていた。武士の情で彼らの墓を作ってやりました」

「南京戦後、中国人から『兵隊さんありがとう。あなたの靴を磨かせてください』と言われて、泥だらけだからと断ったのだが、どうしてもといわれたので磨いてもらった。気持ちが嬉しくて、飴玉をあげました」

 

そして、少しずつ勉強する時間が取れるようになり、勉強しはじめてみると、東中野修道氏や北村稔氏、また『WiLL』に連載されている西尾幹二氏ら「現代史研究会」の研究成果が自分の体験と重なって、歴史を学べば学ぶほど、また中国での日々を思い出せば思い出すほど、「大虐殺なんてあり得ない」という確信を得るにいたったのです。(中略)

三、四歳の頃には南京へも行っているんです。まだ記憶はおぼつかない頃ですが、親父に後から聞いた話は覚えています。

「お前を南京に連れて行った時、泣かずに頑張った。南京のある中国人が、そんなお前の態度を見てとても気に入ってほめてくれたんだ。しかも、『耳の形がいい。こういう人物と付き合うと、自分の運気も上がるから、是非抱かせてくれ』といって抱き上げてくれたんだよ」

また、父は南京で聞いた話をもとに、よくこんなことを言っていました。

「聞いたところによると、日本の兵隊さんが食糧を分けてくれたので、南京の人々は助かったんだそうだ。お前もいい兵隊さんになるためには、強いだけではダメで、思いやりをもたなければいけないよ」

この話は非常に印象的だったのですが、後のこの話に通じる事実があったことを知りました。

 

あのジョン・ラーベも日本軍宛に「私どもは貴下の砲兵隊が安全地区を攻撃されなかったという美挙に対して、また同地区における中国民間人の援護に対する将来の計画につき、貴下と連絡をとり得るようになりましたことに対して感謝の意を表するものであります」との書簡を送っており、報告書でも、日本軍からの米と小麦の配給があったことに触れています。

もし本当に大虐殺が起こっていたとしたら、いくら書簡の挨拶文とはいっても「感謝」など示すはずがありません。(中略)

南京大虐殺」のような「嘘」があるかぎり、日中が手に手を取ってやってくことはできません。日本と中国は永遠に隣同士ですから、その関係を悪化させる中国の反日プロパガンダ、反日教育はたださなければなりませんし、このような状況は日本にとっても中国にとっても、「最大の悲劇」としかいいようがありません。

私にとって、中国は「第二の故郷」なのです。その中国の方々が、このような「嘘」を永久に教え込まれ続けるとすれば、本当に悲しいことです。
30万人もの南京大虐殺があったとする俗論は、アメリカ政府と朝日新聞が作り上げた虚妄であります。

[南京事件][資料][証言][鈴木史朗][ジョン・ラーベ] ...

河村名古屋市長も、同様の体験談を公言しました。鈴木史郎氏の実体験や、取材したお年寄の話、これが南京事件の真実なのです。

 

 
舞子
南京大虐殺なんてない、ってうち言うたやろ。やっぱそうやった。南京にいはった方が言うてるんやさかい、間違いないわ。
 
ゆづる
そうだね。元TBSアナの鈴木史郎氏の証言は大きいよね。TBSでは、南京大虐殺はあったと報道しているんだよ。「報道特集」など、捏造を堂々としたんだ。ネット民はマスゴミが偏向している事実を知ってるから、もうまともに見てはいないけど、嘘を垂れ流した罪は大きい。鈴木さんには、今後も発言を期待したいよね。舞子ちゃん(笑)。