読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GHQ

GHQに飼い慣らされた戦後メディアの堕落

マスゴミという呼び名が言われて久しいです。ネットの普及によりメディアの捏造が明らかになり、偏向報道に厳しい目が向けられるように。 戦後メディアが大きく変貌した理由。それは、GHQによる情報統制です。今もって、日本はGHQの占領政策に支配されています。

日本国憲法はGHQ製?押しつけ憲法の真偽

昨日の米国副大統領・バイデン氏の発言が、波紋を広げています。日本国憲法はGHQが作った押しつけ憲法という説を、現役の米国閣僚が公の場で証言。護憲派には、幣原首相起草説が根拠となっていましたが、もろくも崩れ去りました。

憲法9条は幣原首相が提案!?マッカーサーによる押しつけ憲法ではないのか?

今日の東京新聞に、「『9条は幣原首相が提案』マッカーサー、書簡に明記 『押しつけ憲法』否定の新史料」という記事が掲載されました。 安倍内閣での憲法改正への動きに対し、護憲派は動かぬ証拠を突き付けてきたのでしょうか?今年2月にも、「報道ステーション」でこの…

共産党「人を殺す予算」?公安監視の過激派集団

7月10日の参議院選挙を控え、各党の論戦が繰り広げられています。ところが、先日のNHKの番組で、共産党の藤野政策委員長の発言が物議を醸す結果に。防衛費を「人を殺す予算」と公言したのです。

GHQの押しつけ憲法!憲法9条で国は守れるのか?

参院選を控えて、憲法改正論議が噴出。野党側の言い分は、「憲法改正は戦争への近道」というもの。政策よりも政局ありきの野党ですが、誤魔化されてはいけません。

日月神示を信じる?GHQの占領政策の本当の黒幕

またまた、突拍子もない話になってきました(笑) 「日月神示」をご存知でしょうか?「日月神示」とは、神典研究家で画家の岡本天明氏に、「国常立尊」と呼ばれている高級神霊より降ろされたとされる神示の事。 中矢伸一氏の著書の中に、大東亜戦争や日本国憲…

マッカーサーを叱った白洲次郎の気概は!?ソフトバンクのCMに日本人は怒れ!

もうじき、参院選です。今回の選挙の争点の一つは、憲法改正。日本国憲法もGHQの悪しき置き土産だった訳ですが、改憲を考える時、憲法成立過程を知っておく必要があります。 日本国憲法とは、何だったのでしょうか?

果たして「東京裁判」は正当だったのか?

日本は敗戦後、GHQによる「東京裁判」によって裁かれました。 東条英機、板垣征四郎、土肥原賢ニ、松井石根、木村兵太郎、武藤章、広田弘毅の7人の方々が、A級戦犯として絞首刑に。A級戦犯の罪状は、「平和に対する罪」「人道に対する罪」でした。 では、「…

マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人!

現在の日本が、如何に戦後の占領政策に洗脳されているか。その史実をご紹介しています。元凶は、連合国軍最高司令官・マッカーサーでした。

反日の在日朝鮮人を生んだのはGHQだった !?

TBSが在日に支配されている。そんな、衝撃的な事実をご紹介しました。では、在日朝鮮人問題の本質は何か?歴史的経緯を遡ると、何と!GHQが浮上してきたのです。

GHQが潰そうとした伝統文化・歌舞伎

GHQの占領政策をご紹介していますが、洗脳工作だけではありませんでした。日本的なもの、つまり伝統文化へもその矛先は向かったのです。歌舞伎も、そのひとつでした。

GHQのWGIPは陰謀論なのか?

あなたは、マスコミの報道がすべて正しいと思いますか? ネットが普及し、真実がかなり知れ渡ってきました。それでも、今なお多くの方が、マスコミ報道を鵜呑みにしている現実。その元凶は、GHQの占領政策・WGIPであるとご紹介しています。しかし、WGIPを陰謀論とする向…

GHQの洗脳?WGIPから解放されてない日本

前回、「敗戦利得者」についてご紹介しました。 戦後の日本を理解するには、GHQ(連合国軍総司令部)による洗脳を知らなくてはいけません。それが、WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)なのです。

「敗戦利得者」がこの国をリードする、戦後レジーム

「敗戦利得者」という言葉、知っていますか? わたくし・和女子は、歴史や伝統文化好き。以前、渡部昇一先生の「渡部昇一の戦国史入門 頼山陽「日本楽府」を読む 」を拝読し、大変感銘を受けました。英語の先生としても有名な方で、他の本も読んでみたいと思…